スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lily - Light On Me (2) 言い訳とか言い訳とか


そもそもは、飛尾さんの絵先コンピ企画にお誘い頂いたのが今回の発端です。
今年1月下旬ごろに担当のイラストが決まったんですが、
初めて拝見した時は、夜想曲っぽいカンジが合いそうかしら、という印象でした。
具体的には、Mariah Careyさんの「Music Box」とか、
浜崎あゆみさんの「Teddy Bear」とか、夜中にこっそり聴きたいカンジの
曲をイメージしていたのです。

んで、その直後。渡辺の身内や昔お世話になった人が
立て続けになくなるという事態になりまして。
2月と3月は隔週で葬儀に出席するような状況で、
かなり精神的にまいっていました。

そんな中で、曲を作らなきゃと改めてイラストを拝見したところ、
なんというか、黒い服がとても生々しく感じられてしまいまして。

その後から、レクイエム的なイメージがずっと頭の中に居座って、
他の誰のためでもなく、ただひたすら自分を慰めるための曲ができていきました。

ある葬儀で、喪主の方が「あの人の優しさが今でも身近に感じられる」という
お話をされていたのがとても印象的で、歌詞はそのお話を思い返しながら書きました。

そういうわけで、もしアルバムのリーフレットをご覧になって、
イラストと曲が合ってないと思われたら、
全部渡辺の個人的事情のせいなので、大変申し訳なく思います。
とりあえず土下座100回くらいさせてくださいませmm

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

Lily - Light On Me (1) 宣伝とか御礼とか


お久し振りです。目指せ月刊とかほざきつつ、実際のところ
半年に1曲ペースになってるフトドキモノとは私のことです。
ごめんなさああああぁぁぁぁいmm

どうにかV3Lily誕には間に合ってほっと一息してるところです。
改めて、Lilyさん、関係者の皆様、発売2周年おめでとうございます。

なお動画説明でも告知させて頂きましたが、この曲は
今度の日曜日のM3で頒布されるコンピ『First Impression』に収録予定です。
↑の渡辺のしょっぼい絵じゃなく、絵師さんの素敵なイラスト付きですよ。



当日、会場に足を運ばれるご予定の方は、ぜひぜひT2worksさんの
ブースにお寄り頂いて、苦労して企画をまとめてくださった飛尾さんと高嶺さんに
労いの言葉をかけて頂けましたらと思います。

渡辺の曲が初めてCDに収録されるということで、ちょっとドキドキしております。
飛尾さん高嶺さんはじめコンピ参加者の皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。
こんな貴重な機会を頂いて本当にありがとうございました。

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

Lily×GUMI - 虹と欄干 Part2


どうも、日本少子化対策委員会、渡辺です(嘘
約5ヶ月ぶりの新曲となり、大変ご無沙汰してしまいました。

ということでLily×GUMIコラボの第2弾、虹と欄干 Part2です。
何箇所か、前作からピアノのメロディラインや歌詞を使い回しゲフンッ、
踏襲しているので、前作をキモイくらい聴き倒してくださった方は、
ニヤリとするところがあるんじゃないかと思います(いないかそんな人

実はPart2を作るというのは、3月に前作をUPしたときから決めていて、
次はメロディなしのガチのポエトリーリーディングにしようとか、
結婚のあとは順等にいけば出産だよなとか、
曲のコンセプトは大体決まっていました。

そんな中、世間では中学生や高校生のいじめによる自殺という
心の痛む事件が相次いで報じられました。
一方、私自身はこれからいよいよ30歳を迎えるわけですが、
日本は世界の中でも30代の自殺がメチャクチャ多い国なんだそうです。
というわけでこれはとても他人事じゃないぞ、と。

いじめというのはずっと昔から今まで教育現場が解決できていない
厄介な問題なので、なかなか安直なことは言えないのですが、
自殺ということについて、それを思いとどまらせるものは何かな、
と考えてみて出てきたひとつの答えは、自分が生まれた時に
どんなドラマがあったのかを想像してみることでした。

私たちの親も、そのまた親も、いろんな苦労や葛藤があって、
それでも待ち望んで、それで生まれてきたのが自分なんだな、と。
もし自分が死にたい程辛いと感じたときに、自分が望まれて生まれてきた
ということを思い出せば、少し救われるんじゃないかなーと、
そんなことを考えながら歌詞を練っていきました。

あとは前作でどうにも伝えるのが不十分だった「欄干」のイメージ。
「だから欄干の先に道がなくたって構わない」
ってフレーズで、遠くにある綺麗な景色とそれを見る自分の立ち位置、
そして両者を無限に隔てる欄干、というイメージが、うまく表現できたか
どうかはわからない(´・ω・` )

とまあ、いろんな思いを込めて作った20代最後のトラックなので、
聴いて下さった皆様の心にちょっとでも残るものがあればいいなーと
思います。

虹と欄干の今後については、Part3とかも考えていますが、
ポエトリーリーディングの調教というのはなかなか血を吐く作業なので、
しばらくは肩の力を抜いて何曲か作ろうかしらとか思ってます。

何はともあれ、私もいよいよ退っ引きならない年齢になってきました。
渡辺と子作りしてくれる心の優しい方大募集中ですd(`・ω・´)
「早く妻帯者になりたぁ〜い!」(婚活人間)

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

Lily - 手繰り糸 2013 Piano Mix(その2)


今回の使用した各曲について、動画の中でちゃんとご紹介できなかったので、
この場を借りてちょっと振り返ってみたいと思います。

潮騒 - 2012年9月29日公開(4作目)
INTERNET社主催のLily&GUMI楽曲コンテストで特別賞を頂きました。
個人的にも思い入れが強い、というか一番好きな曲です。
当時この曲を応援してくださった方々が、今でも渡辺の曲を聴いて
コメントやツイートしてくださったりしていることが本当に嬉しくて、
また励みになっています。

十六夜月 - 2012年8月19日公開(2作目)
7年くらい前にピアノソロ曲として作ったのが最初です。
この曲がなかったらLilyと巡り会うことはなかった気がします。
そのくらい大事な曲なのに、改めて聴くと詞も編曲も調教もアレ的な。
今後、機会があればリメイクしたい筆頭候補。

Silent Twilight - 2012年11月10日公開(5作目)
目下、渡辺の曲の中で1番人気のようです。
この曲でV3Editorのパラメータ機能の使い方を覚えて、
Lilyは調教次第でいくらでも上手く歌えることを思い知りました。
正直、Lilyの本当の実力から言えば、渡辺の調教なんて
まだせいぜい戸愚呂20%くらいじゃないかって気がしてます。
つーか戸愚呂って知ってます?

力の歌 - 2012年8月12日公開(処女作)
Lilyと出会った頃は、5年くらい曲作りのブランクがありまして、
カンを取り戻す為にとりあえず何か作ろう、とでっち上げた曲です。
初めてニコ動のアカウントを作って動画を投稿したときは
本当にドキドキしました。

Snow Tears - 2013年1月27日公開(6作目)
アップテンポ恐怖症克服のために作った曲ですが、やっぱり速い曲は
まだちょっと苦手です。ということで今回はメロウな感じで
歌ってもらいました。こっちの方が全然いいじゃないか(´・ω・` )

百合の咲く丘で - 2012年8月30日公開(3作目)
Lily生誕祭があることを知って慌てて作った曲ですが、
まあ慌てて作ると大抵ロクなことにならないですね。
とはいえ、失敗も反省も作品が出来てこそだし、
それが次の制作に活かされれば結果オーライじゃんとか、
そんなことをいろいろ教えてくれた曲。

・・・

とまあ、いろんな曲がありましたが、
まさか自分の曲だけでメドレーができるとは思いませんでした。
これもひとえに聴いてくださった皆様のおかげです。
本当に感謝。

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

Lily - 手繰り糸 2013 Piano Mix(その1)


V3Lily1周年ですよおめでとう。
ということで記念動画UPさせて頂きました。

しかしまあ4月19日分のLily動画が2つだけというのはやっぱり
ちょっと寂しいですね。
とか、かく言う渡辺も、実は1週間前に某生主さんが教えてくれるまで
すっかりド忘れていたのでありました(´・ω・` )

で、残り1週間でできることと、記念動画として面目が立つことを
考慮した結果、今まで作った曲を振り返ってみよう、ということに
なったわけです。

いや決して手は抜いてないけど、いろいろ準備不足ですみません。
8月の誕生祭の頃には、ちゃんとしたハウスミックスになってるとか
なってないとか、、、いや、忘れてください。

ピアノ伴奏のみというのは、これはこれで誤魔化しが効かなくて、
渡辺の演奏のまずさがモロに出てしまってアレな感はありますが、
それを補って余りあるLilyの美声をお楽しみ頂ければ幸いです。

って、いつまでもLilyの歌声に甘えてたらダメだよなあ。
もっとピアノが上手くならないと話にならない。
と、ちょっと反省。

ちなみに、動画内で曲名が「Taguri-Ito」って表示されてますが、
正しくは「てぐりいと」って読むようです。
自分でつけたくせに間違えるとかどーなの的な。
ちゃんと調べないとダメですね、もう1回反省。

それにしても、久しぶりに昔の曲を聴いてみるとなんだかいろいろ
思うところがあるなあ、ということで次回に続きます。

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
プロフィール

渡辺いと

Author:渡辺いと
(本名:渡辺峻)
1983年東京生まれ
【好きな音楽】
・クラシックピアノ
・アングラヒップホップ
・演歌
【好きな球団】
・阪神タイガース
【好きな汎用人型決戦兵器】
・エヴァンゲリオン弐号機

最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。