Lily - 潮騒(その3)


調教について。

渡辺の調教はいつも結構テキトーなんですが、
今回は広い音域で歌ってもらったせいか、
調教にかなりてこずりました。

出来上がってみたものの何かところどころ不自然で、
歌詞変えたり、調を変えたり、思い切ってメロディを変えてみたり、
やっぱり戻したり、というのを20回くらいやってます。

その原因のひとつは、渡辺の調性無視の無理気味な作曲にあったようで、
喩えるなら、なだらかな丘を歩いていて急に崖がでてきたら
そりゃビックリするだろう、という和声の進行に関する問題。

で、調性を損なわないようにメロディを見直してみたんだけど
それでもやっぱり不自然に聴こえるのはなぜ?という箇所がいくつかあって、
これがボカロの特性に関する問題だと気づくのに結構時間がかかりました。

どういう問題かというと、Lilyの声の音域にはいくつか境界があって、
その境界をまたぐと突然声のトーンがガラッと変わるというものです。
具体的に言えば、ドシラソファミレド、と降りてくると
ファあたりで突然こもったような声になる、といったカンジ。

どうしたもんかといろいろ試してみた結果、
クリアネス値を調節することで問題は解決しました。

こういうのってまだまだ色々あるような気がします。
一度コンコーネでも歌ってもらって、どんな問題があるか
調べてみるのも面白いかもしれません。

歌詞/ダウンロード

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
プロフィール

渡辺いと

Author:渡辺いと
(本名:渡辺峻)
1983年東京生まれ
【好きな音楽】
・クラシックピアノ
・アングラヒップホップ
・演歌
【好きな球団】
・阪神タイガース
【好きな汎用人型決戦兵器】
・エヴァンゲリオン弐号機

最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR