FC2ブログ

中村仲蔵とクラシックの解釈について

新年あけましておめでとうございます。
謹んで皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

いよいよ平成も残りわずかですね。
平成が終わるまでにあと数曲アップする予定なので、
どうか気長にお待ちくださいませ。
別に待ってないって?そうですか。

さて、平成最後の年末年始だからって、
特段変わりはなく、いつもの寝正月だったわけですが、
そういえば年末、両国の小屋で落語を聴いてきましたよ。
生で落語を聴くのは初めてでしたが、とても楽しめました。
いわゆる生本番、って違うそうじゃない正月から何言ってんだ。

その落語会でトリをつとめた林家はな平さんの演目が
『中村仲蔵』という歌舞伎役者の人情噺だったのですが、
これがもう見事。
どっしりとした語り口から豊かな表情や仕草でもって、
緩急のついた丁寧な描写から、当時の江戸の光景が
ドラマのように鮮明に脳内再生されるんですね。
いや、噺家さんってホントにすごい。

今日の本題は、その初代・中村仲蔵についてです。
なんか野比のび太みたいな名前ですが。
馬鹿にしちゃいけません、歌舞伎役者として
一代で名を馳せた名優だったそうで。

私が聴いた噺のあらすじを簡単に説明すると、
歌舞伎役者としては三流、機転は利くが稽古は不真面目だった
主人公・仲蔵が、あるとき市川團十郎に認められて一念発起し、
必死の稽古の末に名題(いわゆるスター)にまで昇りつめました。
そこで、名題になった仲蔵に最初にあてがわれた役が、
『仮名手本忠臣蔵』の五段目、斧定九郎という端役。
当時の斧定九郎は、顔を真っ赤に塗りたくった山賊の格好をして
「五十両~~~」と叫んですぐ死ぬつまらない役で、
おまけに、五段目というのは弁当幕とも呼ばれていて、
客席はみんな舞台よりも弁当に夢中になっている中で
それを演じなければならない、まあなんともやりがいの
ない役だったそうです。
その配役を知った仲蔵、「おれは定九郎なんて端役をやるために
名題になったんじゃねえや」とやさぐれるわけですが、
奥さんに諭されます。「わざわざ名題になったお前さんに
定九郎をやってくれっていうのは、何か魂胆があるんじゃ
ないでしょうかねえ。みんな、誰も見たことがない
定九郎を、お前さんに演じてもらいたいんじゃないかしら」
奥さんにこう諭された仲蔵、また一念発起して、趣向に趣向を
重ねて、山賊だった斧定九郎を、超男前の浪人に劇的アレンジ
して舞台でお披露目しました。
これが江戸中で大評判になって、異例のロングラン興行になった
というサクセスストーリーです。

私が特に好きになった場面があります。
仲蔵が劇的アレンジした定九郎をお披露目したとき、
観客は驚きのあまり言葉を失っていたわけですが、
これを大失敗だと勘違いした仲蔵が、
「ああ仲間に合わせる顔がねえ、上方で三年修行し直してくる」
と江戸を発とうとするのですが(本当に極端な人だなあ)、
日本橋近くに差し掛かったとき、舞台を見ていた客のひとりが
「定九郎が凄かった」という話をしているのを耳にします。

「おれぁよ、今まで見ていてどうも得心がいかなかったんだ。
斧定九郎ってのは、五万三千石の家老の息子だろ。
それが何だって山賊なんかしてるんだ、ってな。
仲蔵が謎解きをしてくれた。あれは山賊なんかじゃねえ、
浪人だったんだ」

中村仲蔵という人の素晴らしさはこの台詞に尽きると思いました。
私はあらすじの中で「アレンジ」という説明をしてしまいましたが、
実は仲蔵がやったのは「アレンジ」ではなく「解釈」だったんですね。

台本に書かれた物語から、登場人物がどんな為人だったのか、
演じる役者自身が解釈する。それが身勝手なアレンジになって
しまえば、到底観客の共感は得られないでしょう。
けれども、根拠と説得力を持った解釈は、きちんと観客の
共感を呼べるんですね。
古典芸術は、そういった解釈に対する懐の深さがあって
面白いなあと思いました。

私の好きなクラシックピアノにも通じる部分がありますね。
クラシックピアノっていうと、よくジャズピアノとの比較で、
楽譜通りにガッチガチに弾かなきゃいけないんでしょう、
と思ってる方が多いと思うんですが実はそうじゃありません。
むしろ、楽譜通りになんて弾けないのがクラシックピアノです。

楽譜というのも詰まるところ言葉のひとつなので、
当時の作曲家がどんな風に弾いてほしいと思って
楽譜を書き起こしたのか、本当のところはわからない。
それを、音符ひとつ、表現記号ひとつ、つぶさに読み取って
解釈するところに、演奏家の独創性が生まれます。
「なぜこんな弾き方をしたの?」という問いに、
「楽譜にこう書いてあるからさ」と根拠をもって答えて、
その演奏にみんながハッとする、というのが、
クラシックピアノ曲の演奏の醍醐味です。
それは、楽譜に残された数少ない手がかりをもとに、
過去の偉大な作曲家と対話し、
そこに隠された意味を見つけ出す「謎解き」なのだと思います。
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
プロフィール

渡辺いと

Author:渡辺いと
(本名:渡辺峻)
1983年東京生まれ
【好きな音楽】
・クラシックピアノ
・アングラヒップホップ
・演歌
【好きな球団】
・阪神タイガース
【好きな汎用人型決戦兵器】
・エヴァンゲリオン弐号機

最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR