スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lily - 君の無限 -visage-


曲の題材について少し触れておきます。

『君の無限』っていうタイトルと「君の無限が問いただす僕のtotalité」などの詞の断片は、今から10年ほど前、渡辺が学生だったころに書きためて、いつか曲にしてやろうとずっと温めていたものです。

虹と欄干(pt1)以降、全体と無限をテーマに曲を作ってきましたが、その原点がこの曲の詞です。

当時、卒論を書くために100回くらい読み返したエマニュエル・レヴィナスの『全体性と無限』と『存在の彼方へ』という本の内容が元ネタになっています。詞のなかでところどころ出てくるフランス語も、原典を意識しています。

それはもうバリバリの哲学書なのですが、当時の (というか今も)渡辺の脳は、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を読みながら「ああーアリョーシャ超萌えるわ」とか「イワンのCVは緑川光さんだよなあ」とか考える文オタ腐女子脳だったので、哲学書といえどもアレです、ロマンチックに脳内変換されて完全に別物になってインプットされた模様です。

『君の無限』って、割と誰でも思いつきそうな安易なタイトルだと思うんですが、ぐーぐる先生に問い合わせても、いままでほとんど誰も使わなかったみたい不思議。

それにしても、10年も経つと自分のなかで「君」という言葉から連想するイメージが変わっていて、それによって詞全体の意味もまるで変わってしまったというのが、感慨深いというか、なんというか、ああ歳取ったなあ、やだなあ。

まあ、聴く人によっていろんな解釈ができるんじゃないかと思います。

ともあれ、長い年月を経て出来上がった曲が、こうして最高のイラストと一緒に公開できたのは本当に感無量ですね。

渡辺にとってとても大切な曲なので、聴いていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト

Lily - 君の無限 -il y a-


Lilyさん6周年おめでとう!ちなみに、6周年というのはV2の話で、Anim.o.v.eは7周年、V3は来年4月で5周年だそうです。(Lily豆知識)

ここ最近、曲の紹介サボってたんですが、今回は山川さんとのコラボとかテンション上がりまくってるので、上がってる間に今回の経緯を書いておこうと思います。

「君の無限」の製作は、昨年10月に公開した「虹と欄干Part3」とほぼ同時並行で進めていました。Part3がかなり鬱っぽい曲なので、その次はちょっと前向きな曲にしたいなあ、と。

んで、いままで割とアコースティックなアレンジ一辺倒でやってきたので、Logic(DAW)のバージョンアップで新しいシンセとアルペジエーターが実装されたのを機に、ハウス系のアレンジやってみようかなーと挑戦してたんですが、、、

これがまた悪戦苦闘。いろいろ慣れない調整が多くて、試行錯誤しても全然思い通りのグルーヴにならなくて、もうどうしようかと。

結局、ハウス系のアレンジは挫折し、シーズン終了した阪神ファンよろしく、

「来年に切り替えていく」
「いつものバラードに切り替えていく」

と方針転換して、visageバージョンの元になったしょぼいデモ版が出来たのが、虹と欄干Part3を公開した直後。

ちょうどその頃、twitterで山川さんに虎ガールリリィちゃんのアイコンを描いて頂く機会があって、そのとき

「いとさんの曲好きで動画用に絵描けやコラって言われても全然描くって思ってるくらいなのでアイコンくらい新しく描きますですよ!?」

ってリプをくださったんですね。

まあ、社交辞令だろうなあ、と。
まあ、実際お願いしたらご迷惑だろうなあ、と。

よし、ぶっこんでみるか

何をぶっこむのかよくわかりませんが。

ということで、そのころ先方もとうらぶ48作業でお忙しいのを重々承知だったのですが、歌詞とデモ音源を添えて、イラスト描いていただけませんかとお願いしたところ、なんと快く引き受けてくださいまして。

本当にありがとうございました。

歌詞のコンセプトについてはまあいろいろネタがあるんですが、山川さんには夜や星といった最低限のキーワードをお伝えして、あとは曲を聴いて感じたままに描いて頂くようお願いしました。

で、出来上がった超素敵なイラストが2枚も。

...........

2枚!?

ハウス系のアレンジ挫折したこととか何もお伝えしてないのに!?

「気づいたら増えてました。」
「どちらか選ぶことになるんでしょうか?」
「どっちかボツになっても両方仕上げるので、使うなら両方お渡しします笑」

いやいや.....

いやいやいやいやちょっとマテオ

どっちかボツにって、そんなことできるわけないじゃないですか。
この2枚どっちかボツにするとか人類の文化への冒涜だわ。

これで渡辺も腹くくりました。
ハウスアレンジができないとか、しょぼいミックスしかできないとか、そんな言い訳言ってられないじゃん?

やるしかねえ!(誰

ということで一念発起、デモ版はvisageバージョンとしてミックスを全面的に見直し、当初挫折したハウスアレンジをilyaバージョンとして仕上げるに至ったわけです。

もうね、2枚ともクオリティがすごすぎて、半端な完成度じゃ絶対に公開できない、と何度もミックスをやり直して、完成までに思いの外時間がかかってしまいました。

その間、何も言わずに見守ってくださった山川さん。激感謝です。

その甲斐あって、詞や曲そのものの出来はともかく、ミックスとしてはいままでで最高のものが出来たと感じています。

そういうわけで、山川さんとのコラボが実現しなかったら、このilyaバージョンが生まれることはなかったし、visageバージョンも割としょぼい感じで終わっていたかもしれないのでした。

コラボっていいですね。相手のかたに迷惑かけられないっていう、いい意味での緊張感が生まれるし、相手のかたの発想からまったく新しいものが生まれたりするんですね。

今回は渡辺にとって本当にいい勉強になりました。

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

Lily - Light On Me (5) 調教とか


それはそうと、V3 Lilyの英語詞の調教は

日本語よりやりやすかったです。

以上(´・ω・` )

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

Lily - Light On Me (4) 歌詞とか英語とか


今回、初のフル英詞に挑戦してみました。
これまで英語はほとんど使ったことなかったので、だいぶ冒険したと思います。
本当はクラシックな曲調に合わせてイタリア語とか使いたかったのです。
でもイタリア語なんてわかんないしね。

とはいえ渡辺も生粋の日本人ですので、英語でも相当怪しいものです。
ネイティブの方のチェックなどは特に受けてないので、
文法が間違ってるとか、こんな言い方はしないとか、対訳間違えてるとか、
そもそもセンスがないとか、問題だらけなんじゃないかとヒヤヒヤしてます(汗)。
もし、お気づきになられた点がありましたら、ご指摘いただけると有り難いですmm

英詞を書く上で気を遣ったのは韻でした。
韻がうまく使われてる詞はやっぱり聴いていて心地がいいですので。
で、洋楽とかいろいろ聴いてみて、割とわかりやすいなーと思って
参考にしたのが、Mariah Careyさんの往年の名曲「Hero」。

Lord knows
Dreams are hard to follow
But don't let anyone
Tear them away

Hold on
There will be tomorrow
In time
You'll find the way


4行セットの前半後半で、起承結の行について脚韻をしてるのがわかります。
これって、英詩っぽくないというか、中国の絶句の形式じゃないかしら。

ライブ映像とか見てると、ここのフレーズでものすごい盛り上がるんですけど、
それはMariahさんの歌唱力とか、曲の盛り上がりもさることながら、
この脚韻の美しさも手伝ってるんじゃないかなーと思います。

で、それを参考にして書いてみたのがこちら。

The days I forgot, we let whizz on by
Hid my feeling or thought
And they caved in my heart

Let the haze go, and the sky is so high
I could still see your smile in the sunlight
Tell me where do I start


4行じゃないしorz
センスがあるかないかこういう所でわかるんですね。

マートン「ワタナベサン、アトデトレーニング」
メッセンジャー「レンシュウ〜レンシュウ〜」

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

Lily - Light On Me (3) 楽典とか分析とか


前回、レクイエム的なイメージという話がありましたが、
2〜3拍目の弦楽器で全体的な調子を整えているのは、
おそらくモーツァルトの「ラクリモサ」が頭の中にあったんじゃないかと。

けど落ち込んでるときにあの短調のメロディを聴くと割と本気で死にたくなるので、
少しでも前向きな気分になれるように、長調のポップス的な和声進行を
取り入れたんだと思います。

序奏と提示部は渡辺の一番好きな変イ長調。
クラシックの有名どころではベートーヴェンの悲愴ソナタ第2楽章、
近年の曲では阪神タイガース応援歌「六甲おろし」
森山直太朗さんの「さくら(独唱)」などに使われている調で、
儚くも優しく芯の強い、といったイメージを勝手に持ってます。

展開部の前で短3度下のヘ長調に移調。
展開部では繰り返しごとに長2度ずつ上に移調して、
最終的に、再現部では最初よりも短2度高いイ長調になることで、
悲しみをひとつひとつ乗り越えた後に少しだけ前向きになれる、
そんな気持ちを込めた、かどうかは定かではありません。

ぶっちゃけこんなもっともらしい説明も全部後付けです。
渡辺は理論よりも即興演奏の中で曲を作っていくタイプでして、
上の構成も、切実な気持ちで演奏している中で
自然にできあがっていったものです。

今までこれほど移調を多用する曲は作ったことなかったんですが、
それがごく自然に、というか、ほとんど必然的にできてしまったことに
少し驚いています。

やっぱり、精神的にまいっていて、いろいろ溜まってたんだろうなあ。。

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
プロフィール

渡辺いと

Author:渡辺いと
(本名:渡辺峻)
1983年東京生まれ
【好きな音楽】
・クラシックピアノ
・アングラヒップホップ
・演歌
【好きな球団】
・阪神タイガース
【好きな汎用人型決戦兵器】
・エヴァンゲリオン弐号機

最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。